焦って失敗しない中古車選びをご紹介します。

焦って失敗しない中古車選びをご紹介します。

修復歴に注意しましょう

中古車では修復歴車という言葉があります。バンパーに傷があってそれを直しただけでは修復歴車にはなりません。溶接でとまっているところを交換・修理・板金したものだけを修復歴車と呼ぶんですよ。もし、軽度な修復歴であれば購入を検討してもかまいませんが、大きな修復、もしくはお店側がどこを修復したかを把握していな場合は購入を見送ったほうが賢明です。大事故した車だと、車の骨組みであるフレームが歪んでいる可能性があります。


記録簿がついている車を選びましょう

記録簿というのは、その車がこれまでにどういったメンテナンスを受けてきたのかわかるように記されたものです。この記録簿がないからと言って走行距離がごまかしてあるというわけではありません。記録簿があれば安心ですが、購入を検討しているのならばお店に尋ねてみるといいでしょう。この記録簿の定義は非常に曖昧です。そのお店独自の物の可能性も大いにあり得るので、必ず尋ねてみましょう。車選びに失敗しないためにも納得の行くまでお店に質問することが大事ですよ。


諸費用という言葉に注意しましょう

車は車輌価格以外にも、諸費用と呼ばれる経費が必要になります。これには納車費用や、登録手数料、車庫証明申請代行料などが含まれています。車輌価格が安いから購入したのに、実際には思ったよりも高くなってしまうことだって大いにあり得ますよ。ですから、見積もりを依頼するときは必ず諸費用も含めてもらうようにしましょう。諸費用はお店で値段が違います。しっかりと見積もりに含めてもらうことで違うお店と比較することができますね。



ボルボを中古車で購入するとき、以前の四角いデザインのものと、最近のものとで好みがわかれるところだと思います。古いものを狙うならしっかり信頼できるお店探しから始めましょう。まだまだ現役の在庫も多いです。